新着記事

新規許可要件の厳格化について

令和元年11月1日より、一般貨物自動車運送事業の新規許可の要件が厳格化されます。

 

非常に重たいのが、資金の要件です。

主に残高証明書で証明する事項ですが、以下のように変更されます。

 

人件費・燃料油脂費・修繕費

2ヶ月分 → 6ヶ月分

車両費・土地建物の使用料等

6ヶ月分 → 1ヶ年分

任意保険補償

対人無制限のみ → 対人無制限+対物200万円以上

 

過去に申請したケースで当てはめて計算したところ約900万円の資金計画が、2000万円近くまで上がりました。

開業時に2000万円がかかるわけではありませんが、残高証明書によって、同額以上の資金を持っていることを証明する必要があります。

 

資金が潤沢にあれば問題になりませんが、ぎりぎりしか持っていないといった場合には、これらの資金計画を少しでも下げる努力が必要です。

 

弊所では上記のような相談にも対応しております。一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

一般貨物自動車運送事業許可を目指す方へ

仙台運送業許可サポートをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当ウェブサイトを運営する、アトラ行政書士事務所と申します。

 

一般貨物自動車運送事業許可を取得するには、多くの時間、資金、書類の準備が必要です。新規の許可の場合、スムーズにいって運行を開始するまでに約6ヶ月、また1000万円以上の資金の保有を必要とします。

 

ご自身で全ての手続きを進めようとした場合、おそらく要件の把握だけでも数日を要することでしょう。

一度しか行わない手続きに、時間を割くことは得策とはいいがたく、事業者様には、ヒト(資格者など)、モノ(車両)、カネ(事業資金)の確保に注力することをおすすめしています。

 

弊所では、書類作りがわからないから全てまかせたい、1日でも早く許可を取得したい、事業計画を練ることに集中したい、といったニーズに応えるために、許可申請手続きの代行サービスを提供しております。

運送業の許可のことで悩まれたら、ぜひ一度ご相談ください。初回のご相談は無料で対応しております。

 

弊所では開業当初より自動車に関する手続きを行っており、車両の登録も得意としています。

ご依頼によっては、創業融資・会社設立・運送業許可・緑ナンバー登録と、創業から運送業スタートまで、一貫して手続きをまかせていただくことも可能です。

 

まずは、運送業の要件を満たしているのかという相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

運送業許可取得への要件

新規で一般貨物自動車運送事業の許可を取得しようとする場合、大きく分けて3つの要件があります。

 

「人」運行管理者、整備管理者になれる人が必要です。

 

「車両」物を運ぶ用途の車両を最低5台用意する必要があります。

 

「場所」運送事業を行うのに問題ない土地を選ぶ必要があります。

 

「お金」1年を通して運送事業を行っていくのに支障のない資金が必要です。(目安、車両を既に所有している場合で1,000万円程度 資金計画の立て方によりかなり幅があります)

 

ざっくりと書きましたが、上記の要件をクリアすることで許可取得を目指すことができます。

ご利用いただいたお客様

株式会社アサカ 様

建設業を行ってきたが、元請会社からの要望で、運送業(緑ナンバー)の許可も取得したい、とご相談いただきました。

元々運行管理の資格を持っている社員がいた為、スムーズに許可申請に進むことができました。ちょっと珍しく、車両は全てコンクリートミキサー車です。

蜂谷運輸倉庫 株式会社 様

車庫の増設のご依頼をいただきました。

事業の発展にご協力でき、嬉しく思います。

株式会社 角田商運 様

個人事業から法人化されたお客様です。

法人設立、一般貨物自動車運送事業許可取得、緑ナンバーの登録と、運輸開始までサポートさせていただきました。

個人のお客様

介護タクシーの許可申請のご依頼でした。

創業融資、許可申請、緑ナンバー登録をご依頼いただきました。


サポート料金

手続き名 報酬 法定費用
 一般貨物自動車運送事業(新規) 420000~ 120000
 〃 変更認可申請(営業所・車庫の変更等) 100000~  
 〃 譲渡・譲受認可申請 420000~  
貨物利用運送事業登録(新規) 100000~ 90000

仙台運送業許可サポート
運営事務所 アトラ行政書士事務所
担当者 行政書士 星 拓人
〒984-0073 宮城県仙台市青葉区東照宮2丁目5-2
TEL:022-702-1285 ←クリックで電話をかける
FAX:022-702-3247
E-mail:mail@atora-gyousei.com(24時間OK)